ピカタのベターライフ

スタイリッシュな生活・結婚・健康 ~ 二者択一の連続で人生が創られる!

本格フランス料理なのに簡単にできちゃう!「濃厚!エビのビスクスープ」

f:id:piccata:20220119022246j:plain

濃厚!エビのビスクスープ

 

先日、我が家の長女がはたちの誕生日を迎えたお祝いに、ザ・ペニンシュラ東京で食事をしてきました。

久しぶりにいいホテルならでわのホスピタリティーを受け、優雅な時間を過ごせました。

食後に、バレーサービスを待っている間、子供たちに「今日の料理で何が一番おいしかった?」と聞いたところ、二人とも「ビスクスープ!」って言っていたので、だったら家で作っちゃおうと思ったわけです。

そうは言っても、「ビスクスープ」は本格的なフランス料理で正統派の作り方を真似すると、ゆうに1時間以上かかってしまいます。

いろいろなレシピのいいとこ取りをして、手間をかけず濃厚なスープに仕上げましたので、紹介します。

 

調理時間 : 30分

 

【レシピ】(4人前)

 

[A] 玉ねぎ(みじん切り):半個

[A] ニンニクみじん切り)1片

[A] セロリみじん切り):30g(あさつき等、薬味系の野菜で代用可)

[A] 人参(みじん切り):半個

 

[B] 塩:小さじ4分の1

[B] 胡椒:適量

[B] コンソメ:1個

 

・有頭海老の頭と殻:6~8尾(← 量のイメージです。頭がなかったら殻を多めに)

・植物油:大さじ2杯

・白ワイン(料理酒):200cc

・水:600cc

・カットトマト缶:200cc

・生クリーム:200cc

 

ビスクスープは、元々、海老の廃材料理ですので、いい海老を買う必要はありません。赤海老なら、有頭で6匹:400円程度。十分美味しいです!

 

【作り方】

 

1.有頭海老の頭と殻をかるく洗い(ミソは流さない様に)フライパンに入れ、乾煎りする。(油はねしない様に、水分を飛ばす。)

f:id:piccata:20220119061729j:plain

 

2.鍋に植物油を入れ、中火で5分程炒めます。

f:id:piccata:20220119062306j:plain

 

■ 5分ほどすると、オイルに香りが移り、赤く色付きます。

f:id:piccata:20220119062535j:plain

 

3.[A]を加え、中火で玉ねぎがしんなりとするまで炒めます。

f:id:piccata:20220119062906j:plain

 

4.白ワインを入れ、強火で2分煮詰めます。さらにトマト缶と[B]を入れ水を注ぎ、10分程煮込みます。

f:id:piccata:20220119162647j:plain

 

5.裏ごし器を使い、木べらで裏ごしします。

f:id:piccata:20220119162924j:plain

 

■ こし汁は、こんな感じです。

f:id:piccata:20220119163549j:plain

 

6.こし汁に生クリームとパセリを加え、鍋で沸騰させる。

 (もし、むきエビの使い道がない様でしたら、ぶつ切りにして一緒に1分程茹でると、海老の食感も味わえます。)

f:id:piccata:20220119163801j:plain

 

■ 完成です。

f:id:piccata:20220119163901j:plain

 

海老の香りが濃厚で、とってもおいしいです!